大仙の若葉

映画やら本やらエロゲやらについてのブログ。おもしろい作品があったら教えてください。

感想に困るサイコサスペンス「新・殺しのテクニック/次はお前だ!」

 

  f:id:zyasuko:20170802204437j:plain

 

 傑出した完成度を誇る本格ミステリ、 D.M.ディバインの「五番目のコード」を原作としたサイコサスペンスが、この「新・殺しのテクニック/次はお前だ!」である。

 

 もともと、ぼくは五番目のコードが数あるミステリの中でも一、二を争うくらい好きな作品であったので、いずれは見ようかと思っていたんだが、いまいち食指が動かなかったんだ。でも満を持して見たんだ。

 

 あらすじをかるく説明すると、教師が襲われたことに端を発する連続殺人の容疑を新聞記者である主人公にかかってしまったので、がんばって汚名を晴らそうという話だ。

 

 結論を言ってしまえばこの映画、おもしろいかと言われればそうでもなく、つまらないかと問われればこれまたそうでもない、なんとも感想に困るシロモノだ。もし自分が原作を未読であれば素直におもしろいと言えたんだろうけど、原作を読んだうえで視聴にのぞむと、結構な数の相違点が気になり、結果としてもやもやした気持ちを抱えたまま見終えてしまった。なかには意味のある変更があったが、大半が意味のわからない変更であった。

 

 まずは意味のある変更を挙げていこう。

 一、 犯人の独白の記録媒体が、タイプライターから録音になっている。

 これに関しては映画という映像主体の媒体ゆえ仕方のないことなので許しましょう。むしろ、これにより犯人の不気味さが際立ったので、いい変更だったのではないでしょうか。

 

 以上。

 

 つぎに意味の分からない変更点だが、細かなところが多いので、大まかな変更点を挙げるのにとどめて、気になる人には実際に見てもらおう(ステマ)。

 一、 登場人物の名前や性別の変更。

 この映画に限った話ではないが、ひと昔前の原作のある映画っていうのは、登場人物の名前の変更が多い気がする。ウィリアム・ピーターセンが出てる方の「レッド・ドラゴン」とかね。それくらいしか出てこんけど。しかし、ちょいネタバレになるが、性別の変更の結果、個人的に犯人のサイコ感が増した気がするので、そういう意味ではよかったんじゃないかなあ。

 

 二、 被害者の変更。

 原作では、被害者が被害者たるゆえんがあったので、ここは変えちゃダメだろう、と思いつつも意表を突く展開ではあったので、おどろいてしまったことが地味に悔しい。だが、この結果、ひとひねりある事件の構図が、面白みのない真相へと変わってしまっあので、やっぱり改悪だと思います。

 

 事件の構図の面白みが薄くなる一方で、犯人のサイコ感が増したりと、一長一短な映画である。ゆえに反応に困るわけだが、好きな部分もそこそこあるのである。例を挙げれば、主人公とルーとの関係性である。原作では新聞記者ゆえの豊富な行動力とは裏腹、やけにセンチメンタルな内面をもっている主人公とルーの相性はあまりよろしくなかったのであるが、 内面と外面ともにたくましい映画での主人公とルーの相性は抜群であった。そのせいで、原作でのメインヒロインであるヘレンの影が薄く、若干うざくなっていた。

 

  f:id:zyasuko:20170802213121p:plain

 

  f:id:zyasuko:20170802213227p:plain

 主人公のアリバイを偽証したあとの、別れの場面である。主人公がそのセンチメンタルさを見せるルーとの別れの場面も、映画の方ではあとくされないかっこいいものになっていた。

 

 

  f:id:zyasuko:20170802213515p:plain

 

  f:id:zyasuko:20170802213614p:plain

 恩を着せることもなく、信頼関係を保ったままの別れ。この辺に関しては、映画版の方が好みである。

 

 次に、主人公が警察に連行されるシーン。原作では、うまい具合に主人公のアリバイを証明できる時間に犯行が起きたために容疑が晴れるのだが、映画の方では、主人公が自ら身の潔白を証明するチャンスをつかんでいる。警察を相手に、おのれの決意を場面はなかなかにかっこいいものである。

 

 

f:id:zyasuko:20170802214040p:plain

 f:id:zyasuko:20170802214113p:plain

 

 感想に困る作品ではあったが、思い返してみれば、前述のように好きな場面もあり、なんやかんや最後まで楽しめた気もするので、意外と好きな作品かもしれない。

 

 気になった人は、ぜひ見て、原作と読み比べたりもしてほしい。なお、今作のDVDはamazonで中古が五千円と定価超えしており、いまいち手を出しにくいが、今作を含めたシリーズのまとめBOXが(邦題が同じなだけで話のつながりは一切なし)、なぜか中古で四千円くらいなのでそちらを買われたし。

 

ケツを差出したくなるレベルでかっこいいエロゲ主人公を七人、独断で選びました。

 

 ぼくのエロゲの購入基準のひとつが、というよりほぼすべてが、主人公なんだ。エロゲだから無条件に主人公がモテるのではなく、エロゲだからこそ、主人公がモテることに説得力がほしいんだ。はじめは、主人公がかっこいい作品のおもしろい率は高いなくらいの考えが、いつのまにやら、主人公が魅力的じゃないエロゲなぞ断じてやってやるものかというところまで来てしまったんだ。なので最近はめっきりプレイ本数も減ってきてしまったんだ。だから、主人公に主眼を置いた僕の選別眼は、それなりに信用できるよ。

 というわけで、僕がかっこいいと思ったエロゲの主人公たちを紹介しよう。

 

 「浅井京介」 G線上の魔王

 f:id:zyasuko:20170726210946p:plain

 彼のかっこよさは、愛のために悪を貫いたところにある。

 はじめ、彼は決していい人間ではない。お金が絡むか、ヤクザの養父に指図されないかぎり動かないようなやつだ。

 しかし、そんな受動的な態度からは一変、ヒロインのために満身創痍になる五章から、その後の、愛の自己犠牲には胸を打たれる。挿入歌がまた粋なのさ。

 

 

 

 「葉山真之」 その横顔を見つめてしまう 

 f:id:zyasuko:20170726215116p:plain

 愚直なまでに人を信じる様は、好き嫌いが別れるかもしれない。基本的にるーすぼーいの作品は、主人公がヒロインの芯の強さを見てちょこっと成長といった展開の繰り返しだ。しかし、この作品は逆に、主人公の強さに触れ、ヒロインが成長という展開になる。

 ヒロインの一人がクラスメイトに悪しざまに言われ、主人公が庇うシーンのために購入する価値あり。

 

 

 「雨竜菁」 残暑お見舞い申し上げます  

 f:id:zyasuko:20170727095537p:plain

 1ルートしかやってませんッ(憤慨)。

 普段はおちゃらけ、いざというときに男気を見せる彼は、スタンダードにかっこいい主人公です。嵐のなか、ヒロインのためにバイクを疾駆させるシーンには、思わずこちらも応援してしまうほど。エロゲ主人公はヒロインのために命をかけてなんぼです。ただかっこいいだけでなく、悲しみを爆発させる人間臭さも彼の魅力です。

 

 

 「榊晃輔」 プリマステラ

 f:id:zyasuko:20170727102956p:plain

 冒頭、水泳大会に向かう途中、事故りそうになったヒロインを庇い大怪我。そのヒロインの通う女子校でリハビリすることに。

 大抵、こういう状況になった主人公って、戸惑うばかりで見ててめんどくさいんですけど、この主人公はしっかりと復帰のための努力を欠かさず、かと言ってスポ根一辺倒になることもなく、ヒロインとの交流を行うオールラウンダーな主人公です。

 共通ルートでヒロイン四人の処女食っちゃうっていうので、変な風評になってる感がありますが、男の僕もケツを差し出したくなるレベルの主人公です。抜きゲーですけど、決して緩くはないであろうヒロインたちの股を開かせるのには、相応の理由があるのです。

 

 

 「吾妻裕毅」 さらさらささら

 f:id:zyasuko:20170727110622p:plain

 地区開発のために、正体を隠して視察。どのルートも、村を守るために自身の正体をバラすシーンの最大瞬間風速はなかなかのもの。しかし、そこがかっこよさのピーク。以降、ちょっぴり微妙。それを差し引いても、かっこいい主人公であることには変わりないと思うので、ご賞味あれ。

 

 

 「城島一誠」 ぽっと -Rondo for Dears-

 f:id:zyasuko:20170727114017p:plain

 作中、これといった活躍もあまりなく、一見地味な彼ではありますが、誠実という言葉がこれほど似合う主人公もいないでしょう。ヒロインに寄り添い、気づかい、自身も少しづつ己の道を見出していく彼には、等身大の人間としての魅力がありますね。

 

 

 「神谷欧介」 仰せのままにご主人様!

f:id:zyasuko:20170727115500p:plain

 唯我独尊たる前半から、漢になる後半。ギャップがいいね。ハーレムルートの評判がいいようですが、ぼくは夕絵さんルートが好きです。

 クライマックス、主人公は夕絵さんを引き止めるために、土下座をしますが、これほどかっこいい土下座をする主人公は、いまだかつていなかったでしょう。

 

 

 いかがでしょうか。あえて有名所を外しました感を漂わせてるかと思えば、やっぱりそうでもない、どことなく香ばしいラインナップですが、僕の好きなエロゲ主人公を紹介しました。

 やったことのない作品があれば、遊んでみてください。

 

 

最近、韓国映画に目覚めたので、おもしろいと思った作品を七本選びました。

 

 韓流ブームと謳われていいたのもいまや昔。ゴリ押し感が満載してるがゆえに毛嫌いしていたという人も多いではないでしょうか。僕も、そのうちのひとりです。

 でも、そういうのをとっぱらって、一度見てみたんだ。そしたらおもしろかったんだ。ゴリ押し韓流の流れが途絶えてから、同じような試みをした人は、きっと何百何千といて、たぶん自分はそのうちで四億人目くらいだと思うんだけど、まあいいじゃない。

 

 

 「アジョシ」

 
 質屋を営む主人公に懐く、近所の少女がさらわれた。

 おそらくタクシードライバーをはじめ今日までつづく、さらわれたものを助ける系アクションの傑作。

 だるい序盤さえ乗り越えれば、キレキレのアクションが最後まで視聴者を楽しませてくれる。だるいと前述してしまったドラマ部分があってこそ、アクションが活きるのである。

 行きつけのゲオで、なぜか香港映画の欄に置かれており、勘違いして借りて見たのが、韓国映画への胡散臭さを払拭したきっかけである。

 

 

 「トガニ 幼き瞳の告発」

 

 現実になにかしらの影響をあたえる創作物というのが、ときとしてあるものである。

 特別支援学校にて起こった、生徒への性的虐待を題材にした作品である。この映画がきっかけで、実在の学校は閉鎖。

 特別支援学校に美術教師として赴任してきた主人公が目にした、学校の実態。悩みの末、訴訟を決意した主人公と生徒たちの奮闘を描いたものである。

 演技の良し悪しついてよくわからない僕でも、その真に迫る子役の演技には脱帽してしまいました。

 

 

 「チェイサー」

 

 これまた実在の事件を題材にした映画。

 デリヘルを経営している元刑事とサイコパス野郎の攻防を描いたサスペンスである。主人公のもとで働いているデリヘル嬢がサイコパス野郎に捕まってしまい、なんとか取り戻そうとする話なのだが、序盤にあっさり犯人が捕まってしまうのだ。しかし、腐ってもサイコパス。のらりくらりと警察の追及を受け流し、こちらの手中に治まっているにも関わらず、なんともうまくいかないもどかしさを味わわされる。

 

 

 「裏切りの陰謀」

 f:id:zyasuko:20170727221132j:plain

 韓国版インサイダーとも言うべき、事件を暴こうと紛争するジャーナリストたちの物語である。

 役柄の幅広いファン・ジョンミンが、もっともかっこよく描かれた映画であると個人的には思う。

 韓国はサスペンスとヒューマンドラマの完成度がピカイチだと思います。

 

 

 「甘い人生

 

 イ・ビョンホンの魅力が爆発する一本。この作品ほど、彼の色気が発揮された作品もないだろう。イ・ビョンホンイ・ビョンホンによるイ・ビョンホンのための映画。

 内容自体は所属する組織に切られた主人公の復讐といったストレートなものである。しかし、その安直さが、イ・ビョンホンの魅力をこれでもかと言うほど引き出したのであろう。エンドロールでは、なんとも言えないもの悲しさに襲われる。

 

 

 「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」

 f:id:zyasuko:20170727222542j:plain

 なにかと内容の良い韓国映画には珍しく、魅力をアクションに全振り映画である。

 この映画は本当に、アクションしか面白いと思えるところがない。逆に言えば、アクションだけを目的に見れば、この映画ほどの当たりは少ないであろう。頭科空っぽにして楽しみましょう。

 

 

 「ベルリンファイル」

 

 妻とともに、組織の陰謀に巻き込まれた主人公の奮闘を描いた作品。

 韓国の放つスパイアクション。007ほど派手ではなく、裏切りのサーカスほど地味ではないいい塩梅のスパイもの。主人公がスパイなのに、そこまでスパイ感がないのがかえっていい。

 話が地味に難しく、初見ではいまいちついていけないが、代わりにキレの良いアクションが楽しめ、二回目では話も込みで楽しめる、一粒で二度美味しい映画。続編を匂わせる終わり方ではあるが、はたして。

 

 

 予告でも、どことなくおもしろさが伝わってこないだろうか。本編はもっとおもしろい。機会があれば、TSUTAYAやゲオの韓国映画コーナーを見てみては?。

 

「青の炎」と「白蝶記」

 

 なにやら、「白蝶記」の評判が微妙だ。微妙というのはあくまでも主観で、客観的に見れば上々なのかもしれないが。芳しくない感想やら評判やらを意図的に取り上げて、この作品の良さをわかっているのは自分だけ的な優越感に浸りたいだけなのかもしれないが。やっぱり、どことなく微妙な気がする。

 白蝶記が微妙だと言われる点のひとつとして、悪役の魅力が挙げられる。法月や魔王と比べ、小倉はたしかに悪役としての魅力が欠ける。では、法月や魔王にあって、小倉にはない魅力とはなんだろうか。カリスマ性だ。法月には権力の象徴として、魔王には自身の美学に裏づけられた、魅力があった。小倉の場合は、自分より弱いものを虐げ、自分より上のものには媚を売る、小物臭さしかなかった。しかし、それは意図的なものであると思う。法月が権力の象徴であったように、小倉もまた、閉鎖的な環境における理不尽さの象徴なのだ。そういったものを表現するのに、カリスマ性をもった悪役というのは適さない。小物臭さこそがふさわしい。だから、小倉が悪役でいいんです。

 次に、微妙な叙述トリック。「ラスト10ページ 衝撃は最後にやってくる」なんていう帯のせいで、この作品の魅力は損なわれていると思う。るーすぼーいは叙述トリックをいれなきゃならない的な強迫観念に取り憑かれているんじゃないか、とたびたび思う。でなきゃ、こういった作品に叙述トリックを盛り込もうなんて思はないだろう。はたまた、編集に無理強いされたのか。

 そもそも、叙述トリックがるーすぼーいの代名詞となったのは、車輪の国で衝撃を覚えた人が多いからだろう。エロゲと叙述トリックという、いまいち結びつきそうにないものを、結びつけたるーすぼーいの発想。故に、車輪の国ではじめて叙述トリックに触れたというエロゲユーザーも少なくはないのではないだろうか。そもそもの話をすれば、車輪の国よりも先に水夏ですでに用いられていたが、まあいい。閑話休題。しかし、以降、るーすぼーいが叙述トリックを効果的につかっていたかとなるとそうでもないと思う。エロゲで叙述トリックなんて、ミステリやサスペンスでもないかぎり一発ネタで済ませるべきなのだ。しかし、るーすぼーいはその後も叙述トリックをジャンル問わず、用いている。その横顔を見つめてしまう、G線、一人戦争。その横顔を見つめてしまうでちょっと外し、G線でもちょっぴり外した感を出してしまい、一人戦争ではうまくいく。ジャンルを問わないがゆえの叙述トリックの微妙さが、白蝶記でとうとう頂点に達してしまったように思う。るーすぼーいは巧みなストーリーテリングの持ち主なのだから、叙述トリックに頼らずとも、面白い話は書けるのだ。事実、「無能なナナ」にて、叙述トリック抜きで驚きの展開を見せてくれた。それでいいんだよ。

 

 白蝶記を読んで、「青の炎」を思い出した人は少なくはないのではないかと思う。愛するものを守るために殺人を犯すといった、物語の構図はほぼ同じだ。両作品、最後まで主人公は同じ思いを抱えつづけた。裏腹、迎えた結末は真逆のものだった。その要因はやはり、主人公の行いに他の人物がアクションを起こしているかどうかだろう。青の炎では主人公は自身の行いを警察に看破されたあと、殺人の影響が家族に及ぶことを防ぐために、命を断つ。その過程で、主人公を助けようとするものはだれもいなかった。それが、分かれ目となった。

 白蝶記では、主人公の行いが暴かれるが、その罪をヒロインが代わりに被ろうとしたり、また兄弟が日記に主人公の助けになることを記していたりと、互いが互いを助け合っていた。それが、爽やかな脱獄へと繋がったのだ。

 

 この作品は、るーすぼーいなりの青春小説なのだ。理不尽な環境下でのみずみずしい青春。微妙な読後感を覚えた人は、そういったこと踏まえて、もういちど読んでみるのもいいんじゃないでしょうか。